[5steps!?]self-cutting of pet dog

Hello everyone.
How is everything going?

On the street, the day when the rainy season got dizzy continues.
These days, the heat is on the rise.
Someone watching this article seems to have cut the long hair short.

Of course,you want to reduce the amount of hair of your dog, and have your dog feel comfortable.
Especially care of daily life is important for the paw part of a pet dog.
It is meaningful as well as prevention of injuries and injuries.

Even if you want to reduce the dog’s hair, you often can not go to the dog’s salon.
But first of all…How about you cutting your dog?
In that regard,we will talk about “Self-cutting of pet dog”.

Below are the preparations for you to do “self-cutting of pet dog”.

・Scissors
・A corkscrew
・Hair clipper
・Mini hair clipper
・Comb
・Slicker brush
・Mini scissors (those with rounded ends)

① Shampoo


First, you shampoo your dog before cutting your dog.
(The reason is to keep your pet dog clean and to reset the condition of your dog’s hair coat.)

② Brushing

Next, when you cut a pet dog, you have to make sure that the length of your pet’s hair is not strange.
So, you brush your dog’s hair and get tangled with your dog’s hair.
After you brush your dog, the next is a cut of a pet dog.
(If you are the first time, it will get nervous.)

③ Cut(Adjust length ~ Hair clipper)


You cut the wide part of the pet dog’s body.
You adjust the length of your dog’s hair to some extent, then you use a hair clipper for your dog.

Next, you cut the part of the contour of your dog with an approximate length.

And you will arrange the head of your dog with scissors and clippers.
Furthermore, you cut the pet dog’s butt with a round mini-scissors blade edge.

(Actually, if you repeat dog dog brushing and pet dog cutting, your dog’s hair finish will be better.)

④ Cut with plowing scissors (Balance adjustment of coat)

You will improve the balance of your dog’s hair with a plowing scissors.
(This is an essential process if you are a beginner.)

⑤ Finish (mini hair clipper)

You must carefully cut around the mouth of your pet dog’s eyes and pet dog.
(You should never point the cutting edge of the scissors to the pet dog at the eyes of the pet dog and the dog.)
Please cut very carefully.

Finally, you will cut the hair of the paw of the pet dog.
When your pet’s paws are covered with hair, the pet dog may slip and get injured.
Also, you can not notice even if your dog’s nails are stretched.
So let ‘s clean up the paw paws of your pet dog.

Mini hair clippers are recommended for you to cut paw paws of pet dogs.
〜Summary〜
Even if you are enthusiastic about “I cut the dog ‘s hair”, if your dog is scared, it makes no sense.

Sometimes, while you are opening a snack at a pet, you call out to let your dog feel safe.


If you cut your dog’s hair, you will find a room where your pet dog does not go undisturbed.
(It is also good for your dog to put on relaxing music.)
Just because you want to cut the coat of pet dogs, do not force it.
Your dog is frightened and you can not haircut.
Do not rush at such times.
You confirm the state of your pet dog. And, please cut it when your dog’s condition is good.
(…You must not forget the after-care of the dog’s hair coat.)
We hope your dog’s hair cut works well.

カテゴリー: English, petcare | タグ: , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

5ステップ!ワンちゃんのセルフカット術!

みなさんこんにちは。

梅雨でジメジメした日が続きますが
いかがお過ごしでしょうか。

暑さも増し、バッサリと髪の毛を短くされる方もいらっしゃるのでは?^^

もちろん、ワンちゃんの毛も量を減らしたり、短くしたりと
スッキリとさせてあげたいものですよね。

とくに肉球部分などは
身だしなみや怪我の防止としても
日頃からきちんとケアしていくことが大切です。

 

すっきりさせてあげたいと思っても
なかなかサロンは行くタイミングがないときだってありますよね。

サロンに行くまでの期間、

とりあえず自宅でセルフカット♪なんて時もあると思います。

今回はそんな「セルフカット」についてお話していきます。

 

 

さて、皆さんが「セルフカット」をするなら、以下のものをご準備ください。
・ハサミ
・すきばさみ
・バリカン
・ミニ(ペンシル)バリカン
・コーム
・スリッカーブラシ(怖い場合はピンブラシ)
・ミニハサミ(先が丸くなっているもの)

 

① シャンプー

まずは、カットの前にシャンプーをしてあげます。
(清潔に保つことと、被毛の状態をリセットするためです。)

 

② ブラッシング

ハサミでカットする前に、長さにバラつきがでないよう、

ブラシ・コームで、毛を立たせながら、絡まりをといていってあげてください。

ブラッシングのあとは、いよいよカットです。

(初めての方は、緊張しますね。)

 

③ カット(長さの調整〜バリカン)

胴体の広い部分でも、まずはカット(ハサミ)します。
長さをある程度調整してから、バリカンをつかうようにしてくださいね。

輪郭の部分は、ハサミで大体の長さをカット、頭は、ハサミやバリカンで整えていきます。ちなみにダブルコートのワンちゃんは、お尻周りなど刃先の丸いミニバサミで、必要であればカットしてあげてくださいね。

(実は、ブラッシングとカットを繰り返していくことで、きれいに仕上がりやすいですよ!)

 

④ すきバサミカット(被毛のバランス調整)

すきバサミでバランスを良くしていきます。
上手くすいていけると、きれいな仕上がりに見えちゃうんです。
すきバサミでカットしていきますと、「多少の難」は隠れてくれます(笑)

ですので、初心者さんには必須の工程ですね!^^

 

⑤ 仕上げ(ミニバリカン)

目や口周りは、ハサミを寝かして慎重に行います。
(特に目や口周りは、刃先をワンちゃんに絶対に向けないでくださいね!)

 

全体のカットが終わったら、肉球部分の毛をカットしてあげるのが良いです。

肉球に毛が被さっていると、滑り止めの効果も発揮せず、怪我をしてしまう恐れがあったり、爪が伸びていても、気付けないですよね。

肉球部分は、ミニバリカンを使うと、カットしやすいので、ワンちゃんも飼い主もストレスが少なくてオススメです。

 

 

〜まとめ〜

「セルフカットをするぞ!」と飼い主がどれほど意気込んでいても、ワンちゃん自身が恐がっては元も子もありません。

 

ですので・・・

時には、おやつをあけながら、安心するように声をかけてあげながら、

気の散らない人通りの少ない部屋でのカットするのがオススメです。

(ワンちゃんの好きな音楽をかけてあげるのも、いいかもしれませんね。)

カットをしたいからといって、無理に押し付けてしまうと、ワンちゃんも怖がってしまい、受け付けてくれなくなってしまいます。
急ぐことなく、ワンちゃんの様子をしっかりと確認してあげながら、カットしてあげてください♪(被毛のアフターケアも忘れずに。)

・・・みなさんのセルフカットが上手くいきますように☆

カテゴリー: petcare | タグ: , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

The rainy season is full of danger of pet dogs!!!

Hello everyone.
How have you been spending time with your lovely dogs?
Of course, you would have had a good time with your dog.
By the way,Japan is coming soon in the rainy season.
The rainy season is hot and humid.
So it is easy for breeding parasites, molds and fungi to dogs.
And it is said that dogs are most susceptible to disease.

 

By the way, do you know HOT-SPOTS?
HOT-SPOTS(Alias:Acute eczema or Purulent wound dermatitis)


The disease is caused by high temperature and humidity, the root of the hair of the dog is steamed, breeding bacteria.
Without harbinger,Suddenly a large amount of dog hair was pulled out.
And,dog’s skin is inflamed as abnormally.
Furthermore, symptoms will appear that the coat of dogs hair falls out at once.
As the dogs scratch their affected areas, blood and pus appeared or they have a strange smell.
The symptoms of a dog are not transmitted to people and other animals. However, it is poor.

Not only HOT-SPOTS,Dogs are more likely to have diarrhea the rainy season.
Just because it is hot, you should not let the dog drink water containing a lot of ice.
The reason is that the dog’s gastric juice becomes thin.

Also, be careful not to breed molds in “dog drinking water”.
In the rainy season, please be careful not to spoil the dog food because the food tends to rot.
In addition, please take care of the dog firmly so as not to cause dehydration symptoms.

Especially, dog with long ears are more prone to otitis externa.
The inside of the ear of the dog becomes humid, ticks and parasites are easy to breed.

The rainy season, dogs feel stressed by not going for a walk.
Even if the rainy season goes for a walk, the dog gets very wet.
The rainy season is hot, so dogs sweat a lot.

The rainy season is a scary period for owners, is not it?
Anyway,the rainy season is a period when mold and bacteria are easy to breed.
Please do not neglect your dog care.
After the dog’s shampoo, after the dog’s bathing, even when the dog’s hair gets wet, please dry the dog with a dryer.

What should you do if your dog is afraid of the dryer?
The answer is simple.


Let your dog get used to the sound of the hair dryer.

And when you dry your dog, let’s begin with weak wind.

Let your hair dryer when your dog is crazy for something.

Please do try it by all means.
Well, I pray that your dog will not get sick.
Please have a wonderful rainy season.

カテゴリー: English, petcare | タグ: , , , , , , , , | コメントをどうぞ

梅雨の季節は、危険がいっぱい!?

皆さんこんにちは。

ゴールデンウィークも終わりましたが、
皆さんは可愛い愛犬たちと
どのように過ごされましたか?

いつもより長くお散歩、お出かけや旅行
おうちでじっくりケアetc..

ワンちゃんと楽しいひとときを過ごされていたことでしょう。

 
日本には、もうすぐ「梅雨の季節」がやってきます。

 

高温多湿な梅雨の時期は、
犬の寄生虫やカビや菌が繁殖しやすいために、一番病気にかかりやすいと言われています。

 

人間にとっても気温の変化や多湿により

体調不良になりやすい時期とも言えるので当然といえば当然ですよね。

 

 

まず、梅雨独特の高い気温と湿度により
毛の根元が蒸れて細菌が入り込むことが原因で起こるとされている
「ホットスポット」
(別名:急性湿疹または化膿性創傷性皮膚炎)

 

前触れもなしに突然、ワンチャンの毛が大量に抜けたり、皮膚の一部が異常に炎症を受けてしまうことで

その部分の被毛が一気に抜けてしまうといった症状があらわれます。

 

患部を掻きむしるため、血や膿が出てしまい

犬はとても辛い思いをしてしまいます。

 
人やほかの動物に伝染することはありませんが、
避けたいものですね!

 

また、

ホットスポットだけでなく「下痢」をするわんちゃんも
この季節にみられやすくなります。

 

理由として、
暑いからといって氷をたくさん含んだお水をのませたために
胃液が薄くなってしまった。
水入れにカビが繁殖していた。etc..

原因はたくさん考えられますね。

 

もちろん梅雨の季節は食べ物が痛みやすいため、
ドッグフードにも要注意ですよ!

 

脱水症状にならないように、日頃からスキンシップをしながら

しっかりと観察してあげてください。

 

最後に、

垂れ耳ちゃんに多い外耳炎もこの季節に起こりやすくなります。
耳の中でダニや寄生虫が蒸れて繁殖しやすくなってしまうんですね。

 

梅雨の季節は
・お散歩に行けないストレス
・お散歩に行っても雨で濡れてしまう
・暑いので汗がでる

いずれにせよ、

カビや菌が繁殖しやすいこの季節は
わんちゃんのケアを怠らないように
しっかりとみてあげてくださいね。

シャンプーはもちろん、
雨や水浴びのあとも、毛が濡れた際には
必ずしっかりとドライヤーをしてあげてください。

 

ドライヤーを怖がらないように、
・日頃からドライヤーの音を鳴らしておく
・弱風から始めてみる
・何かに夢中になっている際にドライヤーを済ませるなど

ワンチャンにあった対象方法を見つけ出し、
試してみてくださいね。

 

皆さんの愛犬が病気にならない、ステキな梅雨の季節になりますように♪

カテゴリー: petcare | タグ: , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

It is time of the supreme bliss that can monopolize master for the dog.

Hi, all!

The season of the cherry tree was just over in Japan, too.
Many cherry blossom petals fall into the way.

After the dog walking, it is full of cherry blossom petals when we watch a sole!
We are surprised.
It is very important that we take care of a doggy every day.
Sanitarily of course
It is important time to take communication and the physical contact.

Furthermore, it is time of the supreme bliss that can monopolize master for the dog.

And…
It becomes the early detection such as diseases to be able to take in a state and the change of the pet dog
It becomes the disease prevention by keeping it clean

etc..

Please do not forget, in addition, to provide a physical care with a heart for a dog to keep your dog clean.

The brushing to a doggy will reach in care basically every day.

We will brush it frequently.

The reason
Quantity of daily falling hair decreases.
And we can keep a hygiene state of the skin.

It is avoided feeling a chisel and a tick causing the dermatopathia of the dog.

 

When you shampoo your dog hair

・A dirt becomes easy to be removed
・Because it is hard to get pill after having got wet, we keep it earlier

etc..

We will brush it before the shampoo by all means.

 

The way of the brushing gets only some whole doggy wet by a sprayer.

A dirt is easy to loosen and can perform brushing smoothly.
It may be said that we are tender for your dog.

Successively of the dog
We brush it towards a head from the buttocks.

We lift hair.
Let’s brush it well until we do not fall from the root.

Let’s massage a dog at the same time.
Let’s cook aroma.
Let’s talk a lot.
Please take your dog and much communication.

To your dog
It is important that we have you feel, “the brushing is fun”.

It is no use by force.
Please enjoy it while taking the communication.

What we are conscious of so that it is warm time kindly is important.

It be the happy time with pet dogs of everybody.

Good-bye.

カテゴリー: English, petcare | タグ: , , , , , , , | コメントをどうぞ

愛犬のケアは心身のケア

皆さんこんにちは。

 

桜の季節も終わりに近づき、
桜の花びらがたくさん道に散り始めているのではないでしょうか?

 

 

ワンちゃんのお散歩のあとは、足の裏に花びらがびっしり!なんて事もあるかもしれません。

日々、ワンちゃんをケアしてあげるのは、衛生的にはもちろん
コミュニケーション・スキンシップをとる重要な時間でもあります。

 

さらにワンちゃんにとっては
ご主人様を独占できる至福の時間でもあるのです。

 

その他にも
愛犬の様子や変化を感じ取れる
病気などの早期発見になる
清潔に保つことで病気の予防になる 等々

 

 

だだ清潔に保つ為だけではない
ワンちゃんにとって
心と身体のケアになるということを忘れないでくださいね。

 

 

ケアの中でもワンちゃんへのブラッシングは
基本的に毎日行ってあげるようにしましょう。

頻繁にブラッシングを行ってあげることにより
日々の抜け落ちる毛の量が少なくなり
皮膚の衛生状態を保つことができます。

 

また、皮膚病の原因となる
ノミやダニがたまることも避けられます。

 

シャンプーをする際にも、

・汚れがとれやすくなる

・濡れたあとは毛玉が取れにくいため先に取っておく

 

など、
シャンプーの前には、必ずブラッシングを行うようにして下さい。

 

 

ブラッシングの仕方として

まず、
霧吹きでワンちゃん全体を少しだけ濡らします。
そうすることで、汚れが浮きやすく
よりスムーズにブラッシングが行えます。
ワンちゃんにとっても優しいと言えますね。

 

続いて、ワンちゃんの
お尻の方から頭の方にかけてブラッシングしていきます。

 

 

毛を持ちあげながら、根元から
ひっかからなくなるまでしっかりと
といてあげてください。

その際、ワンちゃんをマッサージしてあげたり
アロマをたいてあげたり、
たくさんお話してあげたりと
コミュニケーションを取ってあげてくださいね。

 

 

なにより、ワンちゃんに
「ブラッシングは楽しい!」と思ってもらえることが重要です。

 

 

無理矢理にならず、
コミュニケーションを取りながら少しずつでも
慣れていってもらえるように
優しく温かな時間になるよう意識していくことが大切ですね。

 

皆さんの愛犬たちとの楽しい時間になりますように。

 

 

カテゴリー: petcare | タグ: , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

For your pretty dog, is the shampoo care done?

Hi, all!
Cherry  blossom is blooming everywhere in Japan, we can feel the beatiful shift in the seasons.

Spring is finally here!

 

One of the best things to do in the spring is to take a long walk with your dog.

Since it will be getting warmer and  warmer ; those nice spring-time walks will have your furry friend working up a sweat .

It is now time to think about their shampoo!

Are you giving them a genuine love with a gentle and fresh wash?

 

By the way, for your pretty dog, is the shampoo care done?
It is kind to skin, and is the shampoo with the detergency found?
You are not good if not found when you do not choose “the good shampoo” for important dogs.


Therefore I introduce recommended dog shampoo this time.
At first, from the need of the shampoo for dogs, I have some talks.
A dog does not have a smell of sweat. The reason is because a dog does not sweat.
But bacteria may propagate to the dirt which they thrust.
Bacteria become the factor, and “a smell of beast” may be discharge.

If your pretty dog is stinking, do you come to feel sick?

 

Therefore it is shampoo for dogs which we recommend to be effective.
When I wash the hair of the dog, I use the shampoo for exclusive use of the dog by all means.
The shampoo that we have becomes the specifications that are kind to cover hair and skin for a sensitive pet.

Furthermore, a mild soap ingredient shows a removal of fat power. And, by a careful bubble, it keep the moisture.
Because drop a dirt and the sebum of the cover hair well, make “the skin which is healthy, and is clean”; support it.
Therefore it is really recommended.
Prospect form oil and shea butter and honey and royal jelly extract are in the materials.
Besides, hyaluronic acid is combined as a humidity retention ingredient.
(suitable for not only the long hair class such as the poodle bichon frise rough collie but also the short hair class.)

 

 

Your dog get wet with an everyday walk in the rain and enter the puddle, and it is licked by other dogs, and have your dog been accompanied by excrement?
Daily life includes the scene where your beloved dog is polluted with a lot.
Even so, it is not necessary to bathe a dog regularly every day.
The reason is because a sebaceous gland is distributed over the dog skin skin.
The dog prevents drying of the skin by secreting sebum from a sebaceous gland and raises ability to resist water.
On the contrary, “the sebum barrier” which skin and the cover hair coat disappears when I bathe you too much.
When “a sebum barrier” disappears, hair is dry, and a function of the skin decreases, and dermatitis might be caused.
In a timing to shampoo its hair, you find “the dirt” of the dog and am time when I felt “a smell of beast”.
The shampoo specialized in washing a dog does the design that there was in the timing when an owner washes it.
Therefore let’s choose “shampoo in accord with the property for the good dog” if you wash a beloved dog.

カテゴリー: English, petcare | タグ: , , , | コメントをどうぞ

犬のシャンプーの必要性。

Pet care

みなさんこんにちは☆

段々と桜も咲き、暖かくなってきましたね。
ぽかぽか陽気で
可愛いワンちゃんとのお散歩もより一層
楽しめるのではないでしょうか?

 

 

そんな可愛い
我が家のワンちゃんのケアである、シャンプー。
お肌に優しく洗浄力のあるシャンプーは
みつかっていますか?

 

 

大切なワンちゃんだからこそ、きちんと選びたいところ。

 

さて今回はおすすめのシャンプーを
ご紹介いたします。

 

 

 

 

とその前に、シャンプーの必要性から
少しお話させていただきますね。
犬は人間とは違い、汗をかかないため
「汗臭さ」はありません。
ですが、汚れにバクテリアが繁殖するために「獣臭さ」を放ってしまうことがあります。

 

毎日のおさんぽで、
例えば
雨に濡れてしまったり、
水溜りに入ってしまっていたり、

 

他のワンチャンにお顔を舐められたり、
排泄物がついたままになっていたり…
と、日常でワンちゃんが汚れてしまうシーンは多々あるものです。

 

 

だからといって、
ワンちゃんを毎日お風呂に入れる必要はありません。

理由としては、
犬の皮膚には皮脂腺(ひしせん)が分布しています。
皮脂腺から、
皮脂を分泌することで皮膚の乾燥を防ぎ水をはじく能力を高めているのです。

 

 

ですが、お風呂にいれすぎてしまうと
皮膚や被毛をコーティングしている皮脂がなくなってしまい、
毛がパサパサしてしまったり
皮膚のバリア機能が低下して皮膚炎を起こす恐れがあります。
ですので、ワンちゃんの「汚れ」をみつけたり
「獣臭さ」を感じたときは、
お風呂にいれてあげるサインですよ。

 

 

 

 

 

 

もちろん、シャンプーは必ず犬用のシャンプーを使います。
ワンちゃんの体にとって良いシャンプー選びを
きちんと行うべきですね。

 

当シャンプーは
低刺激の石鹸成分が、脱脂力を発揮しつつキメ細かい泡で潤いもキープしてくれます。

 

被毛の汚れも皮脂もしっかりと落とし、健康で清潔な皮膚作りをサポートするものですのでおすすめです。

 

 

保湿成分には「メドフォーム油・シアバター・蜂蜜・ローヤルゼリーエキス・ヒアルロン酸」を配合しておりますので、
被毛にも皮膚にも優しい、デリケートな
ペットのためのシャンプーとなっております。

 

 

※プードル・ビションフリーゼ・ラフコリーなど、フラッフィな長毛種から短毛種向き

カテゴリー: petcare | タグ: , , , , , , , | コメントをどうぞ

華麗なる保湿!週に1度の超贅沢マスク。

続きを読む

カテゴリー: Diary | タグ: , , , , , , | コメントをどうぞ

効果歴然?!洗浄力実験

みなさんこんにちは☆

平昌五輪が白熱していますね。

羽生結弦選手、二連覇達成おめでとうございます!

わたしも演技を見て涙を流していました。

 

 

…なんてことはさておき

ブログで何度も紹介しているこの洗顔。

 

ジャジャン

 

 

 

 

みなさんご存知の

アクワレルフェイスウォッシュパウダーです。

 

 

天然由来成分でお肌にも優しく
驚きの洗浄力、そして潤い!
今回はその効果を皆さんにみていただきたく
アクワレルフェイスウォッシュパウダーの
洗浄力について実験を行いたいと思います。

 

においとベタベタ感を再現できる
ごま油を使用するとしましょう。

 

ではお顔に…とは出来ないものですから
手の甲を使って実験しますね(笑)
まず、手の甲にごま油をたらします。

 


うーん、実にベタベタですね(;_;)笑

さてこの
ごま油のにおいとベタベタ感、テカリを
どれほど洗浄してくれるのでしょうか。

 

 

 

 

まずは左手にこの酵素洗顔

アクワレルフェイスウォッシュパウダー。

 

 

泡立てます。

ヌルヌル…

 

結果!

 

 

ヌルヌルは完全に消えて
テカリもなし、
においもラベンダーの香りに大変身(;_;)♪♪

洗い上がり後、皮膚がつっぱらない!

 

さすが、保湿力。
感無量でした。

 

 

と共に、この洗顔は間違っていないと。
もちろん、比較なのでこれでは終わりません。

 

 

 

左手には市販の某液体石鹸をたらします。

 

 

 

 

落とせないはずがないと思っていますよね。

 

わたしも思ってました。

 

 

結果、
もうお分かりの方もいらっしゃると思いますが

 

 

 

 

 

ヌルヌル感がまだ残ってるのです。

水を弾く感じのヌルヌル感です。

においもごま油のにおいが
うっすらどころではないぐらい。

 

 

ヌルヌルか残っているからもちろん
少しのテカリも残っていて。

 

 

 

 

 

絶対に汚れを落としてくれていると思った
某液体石鹸の洗浄力に
酵素洗顔アクワレルフェイスウォッシュパウダーが
上回りました。

 

 

 

かつ、お肌に良い成分でつくられている洗顔。

皆さんにおすすめしたいこの洗顔。

 

 

是非、あなたもあなたのお肌で

感じてみてください。

 

アクワレルフェイスウォッシュパウダーで
手に入れましょう。

本当の私らしさ。

 

 

 

購入はこちらから



http://aquarelle.co.jp/lineup/wash/index.html

カテゴリー: Diary | タグ: , , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ